All is come in the future

全ては適切な時にやってくる

最近気がついた時は
なるべく歩くようにしてます。

こないだのブログでも書いたけど、
歩くようにしてから、
足の感覚も変わったし、
お腹を使う感覚も変わった。

今日生徒さんとそんな話を
レッスン前にしていて、
「ヨガ私も10年やってるけど、
全然柔らかくならなくって、
やっぱり先生みたいに毎日練習しないとダメなのよねー」って言う話に。

私の場合
学生時代はラフティングの大会に出ていたせいもあって、
身体を少し重くしたり、
筋肉をつけたり、
どっちかと言うと、
体が固くて、
この10年間試行錯誤しながら来たタイプなのです。
だから確かに毎日練習することには意味もあるのだけど、
だからと言って毎日練習すれば、
ポーズが出来るわけでもなんでもないと言うことも嫌と言うほど知っています。

時には、
ピラティスをやってみるとか、
バレーをやってみるとか、
単純にウォーキングやってみるとか、
少し体に遊びを持たせて、
ヨガをやると、
身体も柔軟になって出来なかったポーズも出来るようになったりするのだ。

それって結局は、
【自分の身体を知る】=【知足】
に繋がる気がする。

そしてまたある程度身体が柔らかくなると、欲が出てくる。
欲がでてくると身体を壊しかねたり、
もどかしい思いに苛まれる。
またそこで、
【身体をコントロールする】=【知足】になる。
行き過ぎる自分を行き過ぎないようにセーブして、
どんな時も同んなじタイミングで、
同んなじ量でやることを覚えないといけないのだ。

全ては自分の手中にあることを、
知ってるのだ。
全ては、
いつか適切なタイミングで来る。

ちなみに、
今日はクランチャアサナに進んだ。
また新たなる一歩。





人気の投稿