International day of yoga

国際ヨガの日

6月は私が初めてヨガを始めた月。
毎年のように、
改めてヨガが出来て良かったなって、
思える月。


そして去年国際的に、
ヨガの日と言うのが採択され、
インド国内問わず6/21はヨガの日と、
決まった。

さて、この超中途半端な日には、
一応意味がある。

それは夏至が関係しているの。
もっと言えば、
昼と夜が同じ長さ。
太陽と月、
陽と陰、
右と左、などなど…

私達が見るもの全て表裏があり、
そのバランスが丁度よく同じ長さや
量が保たれるから。

もうかれこれ、
私は夏至の日が愛を誓うとか、
愛が深まる日の話をしてるけど、
1年のうちでその日だけは、
雨が降らないし、降ってもやんで、
夕焼けが凄く綺麗に見れてる
感じがしてる。
(ヨガ本格的に始めてからその事に気付いたので、かれこれ7年ぐらいかな。)

だから、この6/21にヨガの日って決めたインドの大統領に私はある意味拍手を送りたい。
(もちろん経済的なことなどいろいろ関係してるけど)

そして、この日までは星読みでも凄く神聖化されてるような気がする。

さて、愛とヨガの話が出たけど、
ヨガって人を愛することや、
人に対しての対人関係をも、
Pose practice ,meditationが教えてくれている気がしてならない。

ヨガって最初始めたとき、
皆ポーズを取ることに必死で夢中。(対人関係ー関係性を気付こうと相手に対して頑張るよね。)
慣れてくると、楽しくなる。
(恋愛ー1番楽しい付き合いたての3ヶ月間というところかしら。)
ポーズを覚えることが苦ではなく、
むしろポーズの練習やメディテーションをしないと変な感じ。
(対人関係ーノリに乗ってる感じ)
ただ、慣れてくると不注意で色んな所に無理が出てくる。
(対人関係ーちょっとした喧嘩やイザコザ)
ポーズが出来なくなる時がくる場合もある。ここでは怪我や、体の変化によって。(対人関係ー考えの相違)
だけど真面目に向き合いことにより、
改善される。(対人関係ー修復)

で、このサイクルの繰り返し。
書き出すと、まるで太陽と月が交互に来てるようなサイクルで、
常に曲線のバイオリズム。

ただ、一瞬だけプラスマイナスゼロの時があって、
それが夏至なんじゃないのかなって私は思ってる。
何かに集中しているようで、
良いバランスで手抜き出来ていて、
良い感じの時なんだって。

June brideとか、something blueが良いとか(ハッピーだとピンクのイメージ強いからね)もここからなんだろうと思う。

そう考えるともちろんだけど、
Positive thinkingの人ですら、
アップダウンがあるんだもん。

上手くいかないことを嘆くよりも、
どうやってそれを自分なりに見つめるか大事なんじゃないかなぁ。

ちなみに今日の月。
満月よりも少し影がある方が月は素敵だよ。


人気の投稿